1. HOME>
  2. 窓口案内>
  3. 上下水道>
  4. 悪質な訪問販売にご注意ください

悪質な訪問販売にご注意ください

最近、浄水器の販売や給水管の清掃など日常の水周りに関する訪問販売が増えてきています。
これらの販売業者の中には、法外な料金を請求する悪質なものも多く、業者の言いなりに安易に契約することによるトラブルの発生も考えられます。十分に注意してください。

悪質訪問販売の手口

●浄水器の点検商法・実験商法

「役場の依頼で来ました。」など、行政からの委託を受けたように見せかけます。

  • 「水質検査は無料です。」などと言って家に上がりこみます。
  • 試薬で水を変色させ、あたかも水道水が汚れているかのように不安をあおります。
  • 水道水にアルミニウムと鉄の電極を入れて通電し、水を変色させたり、不純物を発生させます。
  • いずれも高額な浄水器・活水器などを売りつけるか、給水管の清掃などを契約させます。
●ここがポイントです

浄水器の販売や給・排水管の調査は、行政から業者に委託することはありません。

  • 「検査は無料です。」というような業者を安易に家に上げるのは止めましょう。
  • 水道水は塩素で滅菌しあるため、塩素で反応する試薬などを入れると変色するのは当然です。
  • 水道水に通電する事により、電極の鉄やアルミニウムが溶け出し、水が変色することがあります。水道水が汚れているわけではありません。
  • 契約はその場で行わないでください。相談や検討をしてからでも遅くはありません。

料金が高額の場合や、おかしいと思った場合は、
水道課(TEL:36-2116)・役場消費生活相談窓口(TEL:36-2119内線301)などにご相談ください。